先日、着物で外出したときのこと。信号待ちをしていると、私の前に20代くらいの女性二人が立っていて、一人が一生懸命に会社の愚痴を話し、もう一人は『うんうん』と浮かない相槌を打っていました。

信号が変わり、急いでいた私が二人を追い越したとき、話を聞いていた女性が

『あ、お着物』

と唐突に声を上げると、愚痴を言っていた女性は

『ほんとだ』

と答え

『お着物っていいね』

と、話題が切り替わっていきました。

急ぎ足で遠ざかりながら、上手いなぁと感心しました。

この女性は1秒にも満たない間に、愚痴で一杯だった友人の気持ちを切り替えたのです。
もしかしたら愚痴を聞いているのが辛かったのかもしれず、咄嗟のことだったかもしれない。それでもいい。不快な気持ちから自分を助け、そして友人もそこから救い出したことには変わりない。誰でも友人との時間は楽しく過ごしたいはずですものね。

気持ちは瞬間で変わります。
不快な感情、不安、悩みが湧いて来た時、ご自身で速やかに気持ちを変えてあげられるように、日ごろからご自分の好きなこと、嬉しいこと、楽しいこと、ホッとすることを思い出したり見つけたりして差し上げてください。

自分の味方になる、自分を大切にする、ということは周りをもより健康で幸せにしていきます。

愛と感謝を込めて
小坂田恵理

■心理カウンセリングについてはこちらをご覧ください

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。