後ろを向いて歩いてみたこと、ありますか。

 

行く方向に何があるか分からない。その感覚が面白くもありますが、もしそれがずっとだったら、足元や背後の不安が付きまとってとても歩きづらく疲れてしまうことでしょう。

 

後ろ向きでずっと歩き続けるのはとても不自然なことですね。

 

そんな当たり前のことのようでも、形もなく見えない心において、そこが疲れたとき私たちは、その不自然なことをし続けてしまいます。

 

「何処に行っても人間関係が上手くいかなくて。きっと小さいころに虐められていたから。。。」

「会社に復帰したけどまたうつが再発するんじゃないか。。。」

 

悩める多くの方は今の生き辛さを、過去の影響を受けているから、こんな過去があったから今こうなった。と、今の生き辛さを過去の自分のせいにしてしまって諦めていました。

 

過去のあなたが悪いのではない。

 

過去からの影響と思えてしまうのは、心が弱ってしまって本当の自分を忘れてしまっているから。

 

心が弱ってしまって未来を観るのが怖くなってしまっていたんです。

 

そんなに疲れて弱ってしまうほどに、どんなに頑張ってきたのでしょう。

どれだけの我慢があったことでしょう。

 

過去に何があったとしても、それを乗り越え頑張り続け耐えてきた力が、あなたにはあるのです。

 

ずっと一所懸命生きていたあなたに、過去の影響で、などと過去のあなたのせいにすることなんて私には出来ません。

 

自然に歩けば過ぎ去った景色はただ後ろに過ぎていきます。

 

時は、過去からは流れてはきません。

 

今が未来を広げ、未来から時が流れてきます。

 

今、あなたが生き辛さを抱えていたとしても、これから思い描く人生を歩んでいける。今、ここから正しい方向を向いて歩いて行くことが必ず出来ます。

 

もう不自然さに気付き、その本来のあなたに戻っていきましょう。

 

あなたが本当に見たかった世界は、今まで見ていた世界の反対側にちゃんと広がっています。

愛と感謝を込めて
ルーム・ソル 小坂田 恵理

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。