私たちは毎日毎瞬、常に選択しながら生きています。

 

朝起きる、歯を磨く、着替える、会社に行く。。。。

 

習慣さえも気が付かないだけで、するかしないは意識の深いところで自分で決めています。

 

そして時には意識的な大きな決断の時が訪れることも。

 

『この先どう生きていったらいいのか分からない』

 

『どっちを選んだらいいのか決められない』

 

そんな時、自分を責めてしまい、問題を複雑にしてしまいがちです。

 

自分のことなのに、自分で決められない。自分がどうしたいのか分からない。。。

 

本来、健康的な心では、そんなことはあり得ないのです。

 

ここに来てそう迷われてしまうのは、あなたの性格のせいではありません。

 

きっと、ずっと、自分の本当の気持ちを隠して、だまして、うそをついてこなくてはならなかった状況や環境があったのでしょう。自分の気持ちより、他の誰かのためを優先して、周囲の為に生きてきたのではないでしょうか。

 

それによって心が弱ってしまい、いざという時に自信もなくなり、勇気も湧いてこなくなってしまっていたのです。

 

あなたの人生にとって大切な決断です。今すぐに決められないならば、それだけ悩める時間があるということです。

 

その時間を、自分を責めるのではなく、本来の心の健康を取り戻すことに使っていただきたい。自分の気持ちを大切にすることを考えて欲しい。

 

自分の本当の気持ちはなんだろう。

今あなたが本当にしたいことはなんだったでしょう。

 

気持ちを優先することに不安を感じる方も多いのですが、安心して下さい。行動は気持ち、意志から生まれます。だから今、決断が出来ないなら、気持ちに気付いて差し上げてください。

 

それは、ワクワクとすること、嬉しくなること、ほっとすること、そんな感覚が湧いてくるものです。

 

私はこんなことがしたいんだな。

こんなことはもうしたくないんだな。

 

ご自分の気持ちに気が付いて差し上げる、それだけで心は穏やかさを取り戻していきます。

 

今は、何か一つを選ぶのはとても怖いかもしれません。

 

ただ、大きな視点で言わせていただけるなら、どんな選択をしても、何を選んだとしても、人生においてそう変わらない。

 

何故なら、最後に残るのは、何を得たか、何を持っているか、何を成したか、ではなく、今まで生きて来た自分をどう思ってあげられるか。なのですから。

 

これから後悔することも、間違いに気づき苦悩することも、新たにやり直すこともあるかもしれない。

 

それでも、自分が自分の味方となって、より健康に、より幸せに、より自分自身を愛していこう、大切にしていこうと思うことなら、きっといつか、こう思える。

 

『これで良かったんだ。あのとき、自分はよく頑張った』

 

その未来の自分のために今

 

『きっといつか、これで良かったって思えるように、生きていこう』

 

そうご自分の味方になって差し上げてください。

 

確かな未来はありません。それは今ここから自分自身が創りだしていくことが出来るのです。

愛と感謝を込めて
ルーム・ソル 小坂田 恵理

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。