未だ来ていない、と書く『未来』。

 

安らからではない、と書く『不安』。

 

当たり前ですが、言葉って的確ですね。

 

不安というのは、未来を考えて湧いてくるもの。

 

本来、豊かな想像力によって未来を予測し、来る事態への準備が出来ます。心が弱ることで本来の安心が正反対へ変質したのが不安です。

 

守るもの、愛するものがあればあるほど、失うかもしれない不安となります。

 

でも、今、その不安は何もまだ起きていません。

 

不安が湧いてきたら、その目の前の大切なものに目を向けて、今、愛して差し上げて下さい。

 

愛するものを目の前にして、ホッとする気持ち。愛おしい気持ち。

 

その気持ち、愛することの安心感をたくさん増やしてください。

 

不安と安心は表裏一体。

 

本質が、心を健康にしていきます。

 

穏やかさが増し、あなたの描く健康的で幸せな未来への準備がし易くなるかもしれません。

 

不安。それはまだ何も起きていないこと。

 

今を大切に、今、愛してください。あなたご自身を、あなたの大切なだれかを。

愛と感謝を込めて
ルーム・ソル 小坂田 恵理

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。