私の趣味は色々あります。

 

習い事は、和裁と精進料理。油絵もたまに。畑づくりと、自家製の調味料作り。運動するよりも物作りが好きです。

 

ここに至るまで色んな習い事に手を出してきました。

 

華道、茶道、大人のバレエ、朗読、俳句。。。

 

初めはどれも楽しいのですが、途中からなんとも気持ちが進まなくなり、止めてしまうことが多かった。

 

お勤めもそうでした。好きで選んだ仕事、職場だったはずなのに長続きせず転職を繰り返し、履歴書の欄には書ききれないほど。

 

自分を自分でがっかりさせてしまう、そんな自分が嫌いでした。

 

 

 

「期待に応えようと自分を変えながら頑張ってきたけれど、これからはそれでも変わらなかった部分をもって生きていこう」

 

昔、テレビで聞いた誰かの言葉です。

 

長年努力しても変わらなかったものは、自分がそれを好むか好まないかは関係なく、変えられないもの、それくらい自分自身にとって大切なことなのかもしれない。

 

 

「今、何も残っていない、あるものは嫌な自分だけ。そんな自分はやっぱり価値がない」

 

そう思われるかもしれません。

 

それでも、今まで一生懸命に生きて来たあなたがいる。

 

だからこそ、あなたが生きていく上で本当にしたいことがあるんだと私は思う。

 

本当の気持ち。

 

色んな不快な気持ち、不安に覆い隠されてしまっている本当の気持ち。

 

気が付こうとして欲しい。

 

 

自分を好きになる、そんなこと今はどうでもいい。

 

 

人でも物事でも、付き合ったり体験をして、好きなのか嫌いなのか、気持ちに気が付くことがあります。

 

違うと思ったら止めてもいい。また違うことを試してもいい。

 

今まで自分がしたいことをしてこなかったから、最初はうまくいかないかもしれません。

 

それでも、私たちは練習したら上手になれます。

 

 

自分を楽しませ、喜ばせること、もっともっと上手になっていけます。

 

 

気が付いたら、そんな自分を嫌いだなんて思う気持ちは無くなっているでしょう。

 

 

自分の人生です。何を選んでも、どう生きてもいい。

 

私たちは自由です。

 

 

私はいつも応援しています。

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

愛と感謝を込めて

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。