波紋の立つ前の何もない穏やかな状態から、何らかの石が投じられ広がる感情の波紋。

 

一か所から広がる波紋も、端と端では行き付くところが違うように、感情も中心を軸に真逆の感情となっていきます。

 

それらは大きく「好ましい感情」と「不快な感情」に分けられ、その中は沢山の感情があります。

 

心配、恐怖、優柔不断、劣等感、絶望・・・

楽観、冷静、嬉しい、楽しい、開放感・・・

 

好き と、嫌い は、「関心がある」ということから生じる対極の気持ち。

 

不快な感情はそれだけでは発生せず、好ましい感情と共に表裏一体の性質を持っています。

 

始まり、源、本来は、安心で満たされた穏やかさ。

 

健康さは、好ましい感情を広げ

 

不健康さは、不快な感情を選択しやすくします。

 

不快な気持ちが湧いてきたら、それを無くそうとしたり、直そうとしたりすることは、本来の自分自身を傷つけることになります。

 

それよりも、弱った心身をいたわり、優しく、大切になさって下さい。

 

 

様々な不快な感情がどのような好ましい感情だったのかをこれから時折、書いていきますね。

 

それらは根本の周辺からの癒しとなります。

 

ルームソルのカウンセリングでは根本にフォーカスしますが、コラムではこうした対処的なことから根本に辿り着く癒しも、あなたの為になることを願います。

 

愛と感謝を込めて

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。