誰かと決定的に喧嘩別れしたあと、あなたはその人に対してどんな気持ちを持ち続けますか?

 

 

どうしてもその人に一言謝らせなくては気が収まらない

 

嫌いは嫌い、大っ嫌い、一生顔も見たくない

 

もう関わらない、丁度良い距離感を保とう

 

 

人それぞれ、その違いがあっていいのだなぁ、と思えるようになってきました。

 

 

個性、性格というのは変わることのない本質、本能の欲求。変えようとしても変えられない部分です。

 

 

みんなと仲良くしよう

 

人を嫌いになってはいけない

 

悪口をいってはいけない

 

 

そういう思い込みで、その変えられないところを変えようとしてきたことが、今までとっても辛かったのではないでしょうか。

 

 

 

自分との違いを知ることがコミュニケーション。

 

自分の考えを押し付けるのが戦争。

 

 

これからどちらを選び、どちらを続けますか。

 

 

どちらにしても、人との違いを知るには自分自身を知ることが大切ですね。

 

 

そしてそんな自分を大切にする。

 

 

友達がいなくてもいい

 

誰かを嫌いでもいい

 

悪口を言いたいときは言えばいい

 

 

制限しない。制限に気付く。小さな箱から出して差しあげましょう。

 

 

そうするといつの間にか、過去はどうでもよくなります。

 

 

私たちは、自分の内面においてどこまでも自由ですものね。

 

 

そしてその内面の自由はいつしか、現実を創造していきます。

 

目指すのはそこ。大切なのは今とこれから。

 

 

あなたはどんな明日を創造したいですか。

 

 

愛と感謝を込めて

 

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。