「やっと自分にあう薬、サプリメントに出逢って、ずっとそれを続けているんです」

 

私は決して薬やサプリメントを否定するつもりはありません。物には罪はなく、責任を負わせることも出来ません。まして誰かの選択を否定することも。

 

きっと苦しみから解放されたくて、もがいて模索し得てこられ、やっと自分に合うものを見つけられたのです。

 

ただ、

決して薬やサプリメントがあなたをここまで治したのではない。

もし、それらが手に入らなくなったらどうするのだろうか。

 

と思うことを許して欲しい。

 

私は思う。今、あなたに合った物、人、場所、それを見つけられ今の楽さを手にしたのは、苦しい自分をなんとかしよう、と自分自身が助けてきた、自分を大切にしてきた、愛してきたから。だと。

 

あなたの意志があなたを楽な方に導いてきた。これからも、もっともっと楽になれると私は信じている。

 

薬やサプリメントはそれを助けるもの。楽ってこんな感じだよ、と教えてくれるもの。

 

 

今の、何か分からない不安の湧いている心が安心で満たされるためにも、

 

もし、それらが手に入らなくなった時、自分のなかに絶望が生まれたとしても、

 

 

今はそう思えなくても、どこかに記憶しておいてほしい。

 

 

治してきたのは自分自身だと。

今までもそうしてきたから、きっとこれからもだ丈夫だと。

 

また自分が助けていける、それが希望の芽生えになるために。

 

 

愛と感謝を込めて

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。