先日、近所にある美味しいラーメン屋さんに夫婦で行きました。

 

綺麗な店内、スタッフの気持ちの良い対応などもお気に入りポイント。

 

 

丁寧に作った鳥のスープをベースにメニューは二つだけ。

 

いつもお互い選ぶものは決まっています。

 

 

主人は、辛いこってりスープに太麺

 

私は、さっぱりスープに細麺

 

 

「美味しいね~」

 

「うんうん!」

 

 

こういう時、私はとても面白いと思うのです。

 

 

口の中の味覚、触感、まるで違うのに、

 

「美味しいね、うんうん」

 

 

体では全く違う化学反応が起こっているのに、最終的に同じ電気信号となる。

 

 

遊園地で違うアトラクションに乗りながら電話で「楽しいね~」と言い合っているような。

 

違う宇宙にいて、まったく違う概念、違う景色、違う体験しているのに、同時に共鳴しあっているような。

 

 

「ちょっと一口頂戴」

 

相手の味見をする。冒険。

 

 

ピリッとした刺激と香り、まったりとした舌ざわり。体験。

 

 

なるほどなるほど、こんな味なのか、これもなかなかいいね。

 

あなたはこんな味が好きなのね。

 

あなたはこんな体験をしていたのね。

 

 

未知が既知になる。

 

 

お互いが美味しいと共有できる、嬉しくなる店、だから度々行くのだなぁと気付きます。

 

 

 

違いを知り、共通点を知る。大切なのは共通点。

 

 

分かり合えたようでも、内容を知るともっと理解できる。

コミュニケーションの始まり。

 

 

あなたの好きなものって何?

 

どうしてそれが好き?

 

イライラしてるね。どうしたの?

 

あなたが欲しいものは何?

 

あなたにとってホッとすることってどんなこと?

 

 

どんなことでも、自分と相手は違う。全く違う宇宙とも思える。

 

違うからこそ、聞いてみる。

 

 

分かって貰えると嬉しくなる。

 

そんな人を好きになる。

 

 

コミュニケーションは自分とのコミュニケーションから練習すると他者との交流も自然になっていきます。

 

いつでも自分を最優先に、自分に聞いてみる。

 

何が好き?

 

何が嫌い?

 

今、何食べたい?

 

今、何がしたい?

 

今はわからなくても、いつかきっとわかるね。

 

 

分かって貰える喜び。自分が自分をもっと好きになる。大切に思える。

 

自分が自分を愛する。

 

その気持ちで他の人を大切にする。

 

 

内なる宇宙の探訪の始まりです。

 

 

Engage!

 

 

愛と感謝を込めて

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。