人は豊かさを手にしようお金、モノ、人、出来事に振り回されていくうちに、どんどんと真の豊かさから離れ、不足が募り、不安となっていきます。

 

 

そしてその不足の不安が現実をつくります。

 

 

持っているにも関わらず、足りない不安。

 

 

無くなる恐れ。

 

 

実に、豊かさは内面の現れ。

 

 

お金、モノ、場所が自分を満たすのではなく、自分の内面がそれらの現実を生み出していきます。

 

 

 

 

お金、モノ、場所、出来事はまるで水のように通り過ぎていく。

 

 

水は周波数を転写し、周波数は情報を持っている。

情報は場を通るたびに新しい情報に書き換えられ、新しい周波数を伴って循環していく。

 

 

 

自分を通って出て行ったものが、自分そのものを映し出していく。

 

 

不安なら、不安を

 

支配なら、支配を

 

 

正しければ、正しさを

 

強ければ、強さを

 

優しければ、優しさを

 

 

持っていることが自分自身を表すのではなく、自分から出たものが自分を表していきます。

 

 

自分自身でいることに安息し、安心で満たされている。

 

 

その豊かな内面が現実の豊かさに反映されていきます。

 

 

 

自分自身を安心させ、その溢れた喜びを誰かに分けようとする、そんな人はお金、人、モノ、がそこに留まることなく、ただ循環する永遠の豊かさの中に生きている。

 

 

 

場が本質により近ければ、通るものも、その物の本質に戻っていくのではないか。

 

 

 

何かしようとして不安が湧いたとき、それは熟考のとき。

 

それは本当に必要なのか。

 

それは自分にとって何なのか。

 

自分は一体何をしたかったのか。

 

何が不足と感じ何が欲しかったのか。

 

自分は一体何なのか。

 

 

豊かさは内面にある。触れたり見えたりしなけど、確かに感じる。

 

その他のお金、モノ、人、出来事は、それを表しているにすぎない。

 

 

今、安心で満たされ豊かな気持ちであるなら、周囲や世界は今、安心で豊かなのです。

 

 

愛と感謝を込めて

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。