本当の治癒とは、痛み苦しみ、そして不安を伴わないものです。

 

 

いくら薬だ、栄養剤だといっても、注射針が刺さると思えば気持ちも筋肉も緊張します。緊張は交感神経優位。戦闘態勢のときに治癒はおこらない。

 

 

痛みの箇所を取り除こうとする対処療法では、局部にフォーカスするので、痛み苦しみと不安が伴います。

 

 

カウンセリングに行こうとしても、過去の嫌な思い出を話せば、またあのときの恐怖が舞い戻ってくるんじゃないかと緊張する。

 

 

もう、充分に苦しんできました。

 

これからは痛み苦しみは必要ありません。

 

 

したくないことを、もうしなくてもいいのです。

 

 

あなたが生きているのは今。そして生きていくのは、これからの未来。

 

 

 

過去を振り返るのは、ホッとして、安心で満たされてからで遅くはありません。

 

 

あぁ、これで良かったんだ。

あれを乗り越えたから今の自分があるんだ

 

 

と、穏やかな気持ちで過去の自分を受け入れることが出来ます。

 

 

それでいいのです。

 

 

痛み苦しみに対して、過去の出来事はひとつの要因です。

 

 

原因は今の自分にあります。

 

 

今の自分にあるからこそ、原因を解決することが出来ます。

 

 

原因が解決すればあとは治るだけです。

 

 

 

治癒は、あたたかさ、やさしさから生まれる、ホッとする感覚、安心感から生まれます。

 

 

 

 

 

愛と感謝を込めて

 

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。