先日の『死ぬという思い込み』を読んでくだった身近な方から

 

いつか死ぬからとあせっていた。

でも死なないと思ったら毎日をゆっくり過ごせる気がしてきた。

 

と連絡を頂きました。

 

妄想と言われそうな、でも自分の真実。書いて良かったとこんなときいつも励みになります。

 

 

ほっとする。力が抜ける感じ。それは、自分を縛っていた思い込みが外れたとき。

 

死ぬために生れて来たのではない。

生きる為に生れてきた。

 

 

本来永らえようとすれば、争うこともない。

 

自分を傷つけることもない。

 

なのに世界は人々は数千年もそれを繰り返してきた。

誰かに、自分に。

 

 

私たちは、今まで死ぬという思い込みに向かっていた、

言ってしまえは、人は死にたかったのだろうな、と思う。

 

何故か死ななくてはいけないかったし

その為には病にならくてはいけなくて

自分を傷つけなくてはいけないかった

 

 

そう選択してきたことを間違っていたとは思わない。

 

 

ただ、選択肢を増やしていくと、もう一つの世界が生まれる。

 

 

選べるという自由が生まれる。

 

 

どちらを選んでもいい。

 

 

どう生きてもいい。自分の人生だ。

 

 

未来は決まっていない。どうなるかは分からない。道なき道を選びそれを進むことは人生において開拓だと思う。

 

 

途中であきらめても、失敗しても、そのときにまた考えたらいい。

 

 

幸いなことに魂は永遠で、また生まれ変わってくるらしいから(笑)

 

 

大切なのは意志。

 

 

私は万が一、最後があるなら、最後まで意志を持ち選択し、開拓していきたい。

いつか肉体を手放しても、意志を持った存在でいようとする。

多分、私はとても自分を愛しているのだと思う。

 

 

愛と感謝を込めて

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。