まだ20代の頃に出逢ったおじいさんが、

 

 

私はいつも宇宙から自分を観るようにするんです。宇宙から観ると全く見えもしない。自分はとてもちっぽけだと分る。誰かに腹を立てたり、上手くいかなくても怒ったりしたときなど、自分がどうしたらいいのか良くわかる。

 

 

そんなことを話してくれたのを、思い出しました。

 

 

 

日々のコツコツとした仕事。

やらなくちゃいけないこと。

 

 

それに埋没していては疲れてしまう。

 

 

かといって、傍観するだけでは何も進まない。

 

 

枝葉があって、木は育ちます。

木が育って森が出来ます。

 

 

木を見て森を見る。

 

 

 

埋没し、俯瞰する。どちらも大切。バランスですね。

 

 

 

視野を広げ、今自分が何処にいるのか、何に向かっているのか、分かってくる。

 

 

 

その安心感。

 

 

 

一日にほんの少しの時間、そんな時間を作っていきたいものです。

 

 

 

愛と感謝を込めて

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。