先日の2月8日、鎌倉にある荏柄天神さんでの針供養に行ってきました。

 

小高い森の中に小さく鎮座する天神様の境内には紅白の梅があり、社紋も梅の花。

 

赤いお社の扉に、五枚の花弁が切り抜かれていてとても可愛らしい。

 

お祓いを受けると最後のお清めに梅酒が盃で配られるのですが、これがまた美味しいのです。

この梅酒の為に行くと言っても過言ではない私です(笑)

 

 

なんでもこの境内でとれた梅で造る門外不出の梅酒だとか。

 

 

梅酒を頂き、体内から梅になり、境内を見渡し、一年を想像する。

 

梅の花が咲き、梅がなる。

それに人が関わり、梅を愛で、梅を獲り、梅を摂り、梅に祈り、感謝する。

梅を大切にし、また花が咲く。

 

全てが簡潔に、完結している小さな世界。

そして、深く、高精度。

 

私も今、そんな暮らしにシフトしていることに気付き、愉快になる。

 

 

私のシンボルは何だろう。そんなことをつらつら考えながら帰宅しました。

 

梅と戯れたほんのつかの間でした。

 

 

愛と感謝を込めて

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。