植物はとても素直

 

枝葉が弱ってきても水や栄養をあげると全体が活き活きとして色つやが戻り、今まで付いていた葉を落とし新しい葉をつけ、枝をさらに伸ばそうとしてくる。

 

弱った枝葉を落とすだけでは、そうはならない。

 

水や栄養を与えるところは、根っこ。

 

 

私たちは木。

沢山の枝葉を伸ばし、抱えて生きている。

 

 

仕事、子供、家庭、病、人間関係…

 

 

生き辛さは、枝葉の問題じゃない。まさしく、自分自身に水や栄養が必要なとき。

 

 

私たちの根本は命。

 

 

命にとっての水や栄養は、安心。

 

 

ほっとする。その喜び。

 

 

根本がそれに満たされていたら、全体がそれになり、もう必要なくなった枝葉は落ちていく。

 

 

子離れ、親離れ、転職、回復、解決、和解…

 

 

新しい葉が活き活きと芽生える。

 

 

それは、未来。

 

 

 

ただただ、それをする。

 

 

 

私たちは何者でもない。唯、喜びを欲する根本。

 

 

見えるものは、思考と行動の結果。

 

 

根本は見えないところにちゃんと在り、そしてすべてを観て知っている。

 

 

根本こそ、自分自身。

 

 

私は、私の中に在る。

 

そして、私を愛している。

 

 

いままでも、今も、そしてこれからも。

 

 

 

愛と感謝を込めて

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。