砂漠の中で独り。もしそうなったとしても、自分を見失わずにいられる。

 

そんな心の強さ、しなやかさ。

 

 

私たちは、誰かに見守られながら、一人で肉体に宿り生まれてきて、

 

誰かに見守られながらも、一人で肉体を去っていく。

 

 

自分を感情で振り回すのは自分自身で

 

意志を持ち助けるのも自分自身

 

 

砂漠でなくても、家にいても、不安はやってくる。

 

 

自分自身を孤独にしなければ、何処にいても、自分は自分として立っていられる。

 

 

例え最後の一瞬でも、自分と共にあれば、それは永遠となる

 

 

肉体を離れるとき、いついかなる場合でも、その体験をただ、静かに慎重に、喜びの中で迎えたい。

 

 

愛と感謝を込めて

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。