何かが無くなるかもしれない

 

何かを失うかもしれない

 

何かが終わってしまうかもしれない

 

 

だから

 

 

何かを守ろうとし

 

何かを持ち続け

 

何かから目を背ける

 

 

何千何万年と栄枯盛衰のなかで、目に見える実は不確かなものにしがみつくように、ひたすら不安の中で生きてきた。

 

 

それは進化、変容、未知への恐れ。

 

 

繰り返しの中にいるのは、不安のなかにいても安心なのです。

 

その歪んだ安心はすでに知っていることへの執着にもなる。

 

 

 

物事はフラクタルに起こる。これから自身に起こることは、今まで起きてきたことと大小の差はあっても本質的な違いはない。

 

 

その中で自身の進化、変容、を受け入れ未知への道を、驚きと共に進むのか

 

 

今だけを大切にして、過去の繰り返しの中で過ごすのか。

 

 

 

進化、変容をしてもしなくても、私たちは私として存在する。

 

 

 

私は自分自身の進化、変容を受け入れて生きていくと決めています。

 

だから、今、守りたい、大切だ、と思うものは執着、手放すことへの恐れではないかと、静かに自分を考えるのです。

 

考え尽くすと、結局、何もするべきことはなく、ただ在るだけという境地に行き付き、

 

それでもしたいこと、続けたいと思うことを今、する。

 

それが『今』の私。

 

 

 

私たちには、不安からくる恐れを未知への期待に変えていける、自分を愛する力がある。

 

自分の中の不安に気付いていく。ただそれだけ。

 

 

愛と感謝を込めて

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。