動物、植物、すべての生き物には命があり

 

その命には目的があるそうです。

 

 

 

それは、生きること。

 

 

 

とてもシンプルですね。

 

 

出来れば長く、そして繁栄しようとする。

 

健康であればあるほどそれは達成しやすい。

 

だから生き物には治癒力が備わっている。

 

 

 

そしていつか命は肉体と共に尽きてしまいます。

 

 

 

では、魂はどうなのでしょう。

 

 

魂とは肉体と独立した精神性であり永遠の存在。

 

 

自分の本質。

 

 

 

魂はなぜ限りのある命に宿ろうとするのか。

 

 

時間と空間を持つ肉体にあることで、感情を体験することが出来る。

 

 

そして学び、成長し、進化する。

 

 

 

分かり得る限りで魂の目的は、進化すること。地球、肉体はそのための場。

 

 

 

肉体がより健康であればあるほど、出来ることが増える。

 

 

同じように魂は精神性、心であるから、喜びや幸福感がもたらす愛が健全さをもたらします。

 

 

自分自身を大切にする、愛することは魂の健全さには必要なのです。

 

 

私たちにはだから、愛する能力が備わっている。

 

 

 

命の治癒力と、魂の愛する力

 

これは誰もが持っている。

 

 

 

健康でより幸せな方向ことは、肉体と魂が向かっている自然な方向なのだと私は思うのです。

 

 

 

痛み苦しみの体験からの学びこそ、成長と進化のためにあった。

 

 

同じことの繰り返しの中毒に浸らせてしまっていたのも、自分自身が選んだ体験。

 

 

今ここから深く思考し、学び、成長し、進化するのも自分自身。

 

 

 

元より、成長し進化していこうと、この体験の場に自分自身を送り込んだことこそ、私たちは自分自身に愛されています。

 

 

私たちは絶対的に愛されている。

 

 

全て自分が選び創造した、自分のための人生です。

 

 

 

愛と感謝を込めて

 

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。