激しい感情が起こった時、同時に全身に電気が走ったかのような刺激がある。

 

感情の発散と共にその刺激も放出され、その時に爽快感のような感覚を得る。

 

これがスッキリする、ストレスを発散する、ということなのだろうか。

 

 

強い刺激の後のマヒしたような快感は、たばこ、お酒などともよく似ている。

 

また、激しい痒みや痛みが薬で止まった後の気持ちよさ、快楽。

 

それらは中毒になりやすい。

 

 

 

開放されるものがなければ、快楽は得られない。

 

その一時の快楽の為にストレスを溜め込む。

 

 

刺激と開放は一対。繰返せばマヒしていき、もっと強い刺激を求める。

 

そのループ。

 

感情は電気信号となり肉体を支配する。

 

私たちは知らず知らずに感情の中毒になってきた。

 

 

刺激が欲しかっただけではない。

 

刺激の後の解放感。それを喜びだと勘違いしてきた。

 

 

私たちは、痛み苦しみがなくては、幸福や健康を手にできないような存在ではない。

 

 

 

罪を告白し赦される解放感も中毒。

 

私たちは赦されなくては愛されない存在ではないはず。

 

 

 

愛には交換条件はない。

 

 

 

もう、感情の中毒になり刺激と開放を求め彷徨う人生は終わりにしよう。

 

 

 

ただ自分を愛し誰かを愛する、その喜びの中で生きていくことができる。

私たちは本来そんな存在なのだと思うのです。

 

 

 

愛と感謝を込めて

 

 

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。