目覚まし時計はほとんど使ったことがありません。

 

 

朝早い約束があってもちゃんと起きられます。

 

 

それは、けたたましい音で目を覚ますのがとても不愉快に感じ始めた20代の頃、自分で考え工夫した方法で、何も道具は使いません。

 

 

ただ、寝る前に布団の中で落ち着いて、頭の中で

 

 

『明日は○○時○○分に目を覚ます』

 

 

と繰り返すだけです。

 

 

言い聞かせるのとはちょっと違います。

 

 

おきられるかなぁ、ねぼうしちゃうかも、とかいろんな気持ちが一緒にあるのですが、

 

コツは、それらの不安な気持ちを無くし、ただ『明日は○○時○○分に起きる』とだけ集中し、それが純粋に頭に響くように、または文字として見るようにしていきます。

 

 

最初は時間が掛かっても、だんだんとすぐに出来るようになります。

 

 

保険としてセットしておいた時計のアラームも、そのうち必要なくなりました。

 

 

今では、これを色んなことに応用しています。

 

 

車で出かけるとき、到着時間を同じように設定するとジャストその時間に到着したり。

 

大変な量の仕事でも、期限内に終わらせることが出来たり。

 

 

実は誰もが日常的にしていることですね。

 

 

朝起きたらコーヒーを飲もう

 

今日の夕飯はカレーを食べよう

 

 

そんなことから、

 

 

来月温泉旅行に行く、

 

5年後には家を建てる、

 

などなど、短期から長期的な計画。

 

 

決めると考え方も、行動も、そうなっていきますね。

 

 

 

でもでも、そうならないよ。。。

 

 

だとしたら、もしかしたら

 

 

『行けたらいいなぁ』

 

『そうなったらいいな』

 

『出来たらいいなぁ』

 

 

となんとも不安げな前提ではなかったかしら。

 

 

今が未来を作ります。

 

 

前提が結果を作ります。

 

 

~になる

 

~をする

 

 

私たちは自由です。自分のことですから、自分で決められます。

 

何を決めてもどう決めてもいいのです。

 

決めるなら自分が迷わないように、明確に設定して差し上げる。

 

それも自己愛です。

 

 

 

ほんのちょっとの日常のことから、自分らしく楽しく過ごしていける。

 

 

それはとても幸せなことですね。

 

 

 

愛と感謝を込めて

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。