数年前に亡くなった愛犬の夢を見ました。

 

ほわほわとした柔らかな毛、ずっと抱いていたいような柔らかい体。

夢見るような愛らしい顔。

 

全部そのまま。

 

そしてより以上溌溂として。

 

膝の上で抱っこされ、上手に甘えていた。夢の中で私はとっても嬉しかった。

 

 

懐かしいさと、なんであの仔の夢を見たのかな。と、ちょっと不思議な気持ちでの目覚めでした。

 

 

 

その仔が骨になった日は、桜が一斉に満開になった日でした。

 

 

抜けるような青空、遠くの山、菜の花、満開の桜並木、ちょうどよい風に散り舞う桜の花びら。

 

 

骨になるまでの時間、散歩した川沿いはまるで天国の景色のようで、未だあんな美しい春の景色は観たことがない。そのくらい、美しい景色だった。

 

 

きっとあの仔たちのいる世界はこうなんだろう、今日のこの景色はあの仔の魂が観せてくれた。

 

 

そうおもえました。

 

 

だから、桜が満開の日があの仔の命日なのです。

 

 

 

夢を見た朝、いつもの公園の桜が満開に近くなっていました。

 

 

そうか、だから夢を見たのか。と納得しました。

 

 

私の意識がそれを察したのか、あの仔の魂が教えてくれたのか、それはわからないけれど、こうして今でも私に優しさを届けてくれる。

 

 

優しい気持ちを思い出させてくれる。

私にとってそんな存在だったことを改めて思い出すのです。

 

 

とても嬉しくて、懐かしくて、気持ちがほぐれる出来事でした。

 

 

近いうちにあの川沿いを散歩しようと思います。

 

 

愛と感謝を込めて

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。