世界が戦いに溢れていたころを知っている。

 

寝るときも、起きた瞬間からも、一日中、戦う準備をしていた。

 

緊張。闘争と逃走。

 

 

傷つき、優しさに触れ、自分自身が勝手に始めた戦いだったことに気付いたとき、世界は楽園だったことを知った。

 

 

花が咲き、木々は風に揺れ、空は移り変わり、太陽は眩しく、月の満ち欠け、星のきらめき、空気から伝わる温度、香り。

自然は美しく、そして

 

人は優しかった。

 

 

ずっとずっと、この世界は楽園であった。

 

 

ここはずっと、したいことに挑戦し、喜びの中で進化する場であり続けている。

 

 

 

その争いはただ、内面で起こっていた。

 

~でなくてはいけない

 

~しなくてはいけない

 

 

自分の幻影で、楽園を破壊しようとしていた。

 

 

戦いの根源は内面にある。

 

自分自身がそれに気付くことで、瞬時に楽園がよみがえる。

 

楽園を取り戻すのではない。

 

内面の戦いに気付くだけだった。

 

 

いつも読んでくださってありがとうございます。

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。