山の中の公園私設を散歩していると、足元に落ちてきたひと房の八重桜。

 

濃い桃色の美しいそれを拾い、何気なく結い上げた頭に差して歩きました。

 

 

その後の一日は、まるでそんな日でした。

 

 

一所に惹き合い集まった数人が、共通する一点からそれぞれ語り、共鳴し合い、お互いに何かを得たり、解放されたり。

初対面で自己紹介もないままに始まった濃密な時間。

 

愉しむ。ただその一点の、子供のころのような無邪気さ。

 

時間は瞬く間にすぎ、そして、各々の場所に帰っていく。

 

出逢いと別れ。

 

 

頭に差していた桜の房に、その日の人数と同じ数の桜が付いていたのを確認し、そっとその場に置いてきました。

 

 

何気ない一日のことでした。

今日もより良い一日でありますように。

 

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。