過去に病気をした。

 

これからまた病気にならないようにしよう。

と自分で思ったり、周りから

 

また病気にならないように気を付けてね。

と言われる。

 

この一件なんでもないような言葉掛けにも健康的な未来への工夫が出来ます。

 

 

また病気にならないように気を付ける。

もう病気にはならない。

 

 

これは病気であることが前提となっています。

過去の病気と繋がり、~しなくては。と今を不安にさせます。

 

過去は、もう乗り越えたことです。

 

 

もう繰返したくない。その自分を応援するなら、

 

昔は体が弱かったんだよ。

と過去を終わらせ、

 

より健康になっていこう。

より体を丈夫にしていこう。

と、不安を未来への期待に変えて差し上げる。

 

 

未来は過去の延長線ではありません。

 

今の自分が過去に繋がり

 

今の自分が未来を創ります。

 

過去はもう体験した。そこからの学びを得た。
その成長した自分が今を起点に未来を創っていきます。

 

もう過去に繋がらない。

そこには今に対して何のエネルギーも影響力もありません。

ただ自分が勝手に繋がっていただけでした。

 

前提を変えて、過去を終わらせ、未来に期待する。

 

今がゼロポイントです。

 

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。