生き辛いとき、心には不安が一杯。

 

その不安を無くそうとしたり、取り払おうとしてしまう。

でも、どうやっても不安はなくならず、

隠そうとしたり、ごまかしたり、嘘をついたり。

 

 

したいことが出来なくて

したくないことをしてしまった。

 

辛かった。

 

そんな自分が嫌いで、だから変わりたい、変わらなくちゃと思い込んで

 

だけど、どうしていいのか分からなくなってしまった。

 

どうやって生きて行ったらいいのか、わからなくて

 

不安。

 

 

本当は自分にも誰かにも、優しくしたかった。

 

 

したいことが出来ないのは心が弱っているからです。

 

 

心が弱ると、したい思っていることが出来ない、そんな心と頭と身体がバラバラな状態になっていきます。

 

 

それは、決して性格のせいではありません。

 

 

性格を変えようとする必要はもうありません。

 

変えていけるのは、思考と行動です。

心が健康になると、思考と行動が変わっていきます。

 

 

不安がなくなり、気持ちが楽になります。

自分は大丈夫だという自信が湧いてきます。

やってみようという前向きな気持ちになっていきます。

 

それは誰もが本来持っているものです。

 

弱り傷ついていたとしても、そこから治ろうとする力も持っています。

 

痛み苦しみがないことが健康です。

 

今まで生き辛さを抱えていたとしても、未来は今ここから始まります。

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

ルーム・ソルのカウンセリングについてはこちらをご覧ください。

●心について学べます。
NPO法人日本心理カウンセラー協会

 

 

 

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。