体重60㎏の男性の場合約4.8ℓの血液が体内を循環していて、しかも、一分もかからない速さで全身をめぐっるそうです。

 

様々な臓器は、それぞれが伝達物質を血中に放出し、関連する臓器や脳に必要な情報を知らせている。

 

疲れました

ビタミンCが足りません

リンが足りません

調子がいいです

 

血液に乗り一分以内にこの情報を受け取った臓器はそれに反応していく。

 

さらに神経を通して伝達される情報もある。神経の伝達は最速で120m/秒らしい。光速には遠く及ばないけど、それでも早い。

 

からだのコミュニケーションはとても速やかですね。

 

その速やかなネットワークによって体は健康を維持し、また病やケガを治癒している。

 

細胞レベルのミクロの世界で起こっている壮大な仕組み。

 

神秘なる事実。

 

 

それは私たちの考えの及ばないところで行われている。

 

自分の体だけど、自分では出来ないこと。

 

 

だから、私たちはもうその邪魔をしない。
その働きがなるべく円滑にいくように協力していく。

 

体は生きる為に自然からお借りしているものです。

大切にしていきましょう。

 

 

その体を借り、生きる体験の中で私たちが目指すのは精神性の向上です。

 

私たちは様々な時代と経験を重ねてきました。

 

それに邁進することが全ての悩みの解決への鍵となります。

 

 

いつも読んでくださってありがとうございます。

 

 

ルーム・ソルのカウンセリングについてはこちらをご覧ください。

●心について学べます。
NPO法人日本心理カウンセラー協会

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。