時に、人生において大きな決断の時が訪れる。

 

そんなとき。

 

『この先どう生きていったらいいのか分からない』

 

『どっちを選んだらいいのか決められない』

 

自分のことなのに、自分で決められない。自分がどうしたいのか分からない。。。

 

本来、健康的な心では、そんなことはあり得ないのです。

 

そう迷われてしまうのは、あなたの性格のせいではありません。

 

 

人生にとって大切な決断。今すぐに決められないならば、それだけ悩める時間があるということ。

 

安心の中で自分を信じる気持ちで決断できるように、本来の心の健康を取り戻していただきたい。

 

その為には、ご自身の中の不安に気が付いてください。

 

自分の本当の気持ちを隠して、だまして、うそをついていると心は弱ります。

 

心は命に近い見えない臓器です。命の危機だから不安になっていきます。

 

 

そうしてこなくてはならなかった状況や環境があったのでしょう。自分の気持ちより、他の誰かのためを優先して、周囲の為に生きてきたのではないでしょうか。

 

いつも何かを気にしながら、どこかソワソワとした気持ちで過ごしてこられたのではないでしょうか。

 

それによって心に不安が湧き、いざというとき自信もなくなり、勇気も湧いてこなくなってしまった。

 

そうした自分が自分を苦しめてきたこと、不安の理由に気が付いていくことが安心に繋がります。

 

心が安心すると、自分の気持ちがわかりやすくなります。

 

 

自分の本当の気持ちはなんだろう。

 

これから本当にしたいことはなんだっただろう。

 

私はこんなことがしたいんだな。

 

こんなことはもうしたくないんだな。

 

 

と希望が湧き、そのための選択肢を増やすことがし易くなります。

 

 

心の、人生の自由度が高まります。

 

 

今は、何か一つを選ぶのはとても怖いかもしれません。

 

ただ、大きな視点で見るならば、どんな選択をしても、何を選んだとしても、人生においてそう変わらない。

 

何故なら、最後に残るのは、富や名声、お金や物ではなく、今まで生きて来た自分をどう思ってあげられるか、という愛なのですから。

 

これから後悔することも、間違いに気づき苦悩することも、新たにやり直すこともあるかもしれない。

 

それでも、自分が自分の味方となって、より健康に、より幸せに、より自分自身を愛していこう、大切にしていこうと思うことなら、きっといつか、こう思える。

 

『これで良かったんだ。あのとき、自分はよく頑張った』

 

その未来の自分のために今

 

『きっといつか、これで良かったって思えるように、生きていこう』

 

今からご自分の味方になって差し上げてください。

 

確かな未来はありません。それは今ここから自分自身が創りだしていくものです。

 

 

いつも読んでくださってありがとうございます。

 

 

ルーム・ソルのカウンセリングについてはこちらをご覧ください。

●心について学べます。
NPO法人日本心理カウンセラー協会

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。