今、出来ることをする。

今、するべきことをする。

今あるものを愛する。

 

今を生きる。

 

当たり前のようで、でも難しく思えたり。

 

 

例えば、食事。

 

忙しさの中で次にすることにせかされるように食べる

心の隙間を埋めるように詰め込む

 

これは未来のこと過去のことに囚われている状態。

 

体は当然、今生きているものだけれども、

意識の中では、今目の前のものが見えていません。

次のこと、過ぎたことに振り回されている。

 

 

そのとき、自分の意識は今を生きていない。

過去の未来の不安の中にいる。

 

「今を生きる」を実感するためには、思考が今を考えていないときに気付いていく。

 

考え事をしているとき、誰かがしゃべっていても、本を読んでいても、テレビを見ていても、何も入って来ない。

そんな経験は誰にでもあります。

 

自分の頭の中で繰り広げられているイメージを見ている。

思考が世界を創っていきます。

 

体は今を生きている。

気持ちも意識も、今ここにある状態。

その一致感は自分を安心させる。

 

過去はもう過ぎたこと。

未来はまだ起っていない。

 

ただ今があるだけ。

 

 

ただ自分が勝手に考えて、自分自身を不安にさせていた。

自分がしていたことなら、止められるのも自分。

 

それに気付き安心に変えて差し上げる。

 

 

私たちは今を生きている。今ある存在。

 

それを追い求めるのではなく、そうしていなかった自分に気付いていく。

 

そういうことではないかと思います。

 

 

いつも読んでくださってありがとうございます。

 

 

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。