10年以上、心から健康的な人生のアプローチをさせて頂き分かってきたことは

 

「どんな状態であっても、たとえ心身に痛み苦しみがあったとしても、精神、魂、本質は、いつでも健全だった」ということです。

 

 

健全だからこそ、それを発揮できない閉塞感を痛み苦しみで感じていたのだと。

 

 

痛み苦しみに無頓着であるよりも、生き辛さを感じているなら、私はカウンセラーとして可能性を感じます。

 

治癒は必ず自分の中から起こり外へ外へとそれは広がります。

 

痛み苦しみの箇所にフォーカスする古いやり方では遠回りです。

 

 

気持ち、肉体、思考、それぞれを知る。

そして健全な精神性に一致させるよう高めていく。

 

健全なところ、力のあるところから治癒が起こります。

健全さ、力を広げていく。

 

例え、心身に他人との違いがあっても、より高い精神性を持ち生きていくことが出来ます。

 

 

その統一された内面が表にあらわれたとき強さ、優しさ、公平さを持った空気をまとっていきます。

 

 

人に干渉しない、それでいて微細に包み込まれるような。

判断しない優しさや、自分へのしなやかで強い信念、思考と行動の矛盾のなさ。

 

 

それは絶望と苛立ち、無力感を纏っていた時でさえ、ずっと奥にあった姿。

 

本質が現れてくる。

 

 

微細なものは荒々しいものの中ではとても生き辛い。

例え自分自身であっても。

 

 

本質を知り、自分の中に在る健全さを押し広げ、それになっていく。

内側からエネルギーを上げていく。

 

 

それは自分自身が自分にして差し上げられること。それが何よりも早く正確で強く優しいのです。

 

 

いつも読んでくださってありがとうございます。

 

 

ルーム・ソルのカウンセリングについてはこちらをご覧ください。

●心について学べます。
NPO法人日本心理カウンセラー協会

 

 

 

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。