心が弱ってくると、視野が狭くなり

 

もうこれしかないんだ。。。

 

という気持ちになっていきます。

 

 

それは、本当にしたいことでもなく、本当はしたくないことだったりします。

 

だから決断が出来なくて、さらに追い詰められたような気持になって辛くなる。

 

頭と心と体がバラバラになっている。

 

 

本来私たちは、選択肢が一つしか思い浮かばない、そんなことはないのです。

 

ただ、不安が湧いてきて、考えられない状態になってしまっている。

 

 

私たちは毎瞬毎瞬、何かを選択し、決断して過ごしています。

それが無意識であっても。

 

朝、起きること。

歯を磨くこと。

仕事をすること。

 

朝起きない、歯を磨かない、休んでしまう、そんな選択肢もあったはず。

いつもと違う行動をしたところで、それで人生が終わるわけではない。

しなくてはいけないことなど、何一つない。

 

私たちは自由です。

 

自由とは、選択ができ、決断し、行動する。そしてその結果の責任まで負うことができること。

 

 

もし、今、どうしていいかわならないとき。

煮詰まってしまったとき。

 

出来れば視野を広げてみて欲しい。

 

 

あるおじいさんが教えてくれました。

 

毎日、自分をちょっと高いところから見る想像をしている。

そして空から、宇宙からみていく。

自分なんてとってもちっぽけで見えもしないし、存在もしない。

悩みなんて大したことないなって思えてくる。

そうすると、なんだかアイデアが湧いてくるんだ。

 

 

人生という大きな視野で考えたり、今の人生だけではなく魂の学びとして考えてみたり。

 

それが事実がどうかではなく、目的は、今。

今、自分自身の不安を安心に変えていくこと。

 

 

視野を広げるのは、

 

身動き取れないラッシュの電車の中から出てきたとき

雪と寒さに閉じ込められていた冬から、春になって外に出たとき

狭い箱から広い草原に出てきた

 

そんな感じに似ている。

 

 

そこからどこにいこう。

ここで何をしよう。

 

もう思考停止状態ではいられない。

視野を広げてみる。

 

 

何を選んでもいい、どう生きてもいい。

ダメだったらまた選びなおせばいい。

目的に向かって。

 

 

私たちは自由なのです。

 

 

ルーム・ソルのカウンセリングについてはこちらをご覧ください。

●心について学べます。
NPO法人日本心理カウンセラー協会

 

 

 

 

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。