『愛する』とは、優しさや思いやり、気遣いなど、愛に基づいた能動的な行動。

 

それに対して『愛されたい』という気持ちは、誰かにそれをして欲しいという受動的な欲求です。

 

そしてそんな気持ちが湧いてくるのは、本当は愛が欲しくて愛されたかったのではなく、『不安』だったからなのです。

 

孤独、寂しさ、後悔、罪悪感。。。

心に沸き起こる不快な気持ちが沢山あって、それによる緊張もずっとあったのではないでしょうか。

 

その不安を無くしたかった。

 

 

それに気付かずに、そして不安をなくす方法を忘れてしまっていた。

嫌な気持ちを見ぬ振りをして蓋をしてしまった。

でも、湧いてくる不安。

自分には何か足りない。

 

だから、愛されれば治ると思い込んでしまった。

 

自分が自分を忘れてしまっていた。

 

 

自分の中の不安は、自分自身が作りだしています。

 

だからこそ、自分自身が今ある不安に気付いていくことが、正しく愛の始まりなのです。

 

誰かに愛されるから、誰かや自分を愛せるのではなく

自分を愛そうとするから、自分を愛せる。

誰かを愛そうとするから、誰かを愛せる。

 

自分や誰かの『愛されたい』という気持ちに気付いたら

不安に気付いて差し上げてください。

 

 

愛することはそこから始まります。

そして同時に、愛される実感も。

 

 

いつも読んでくださってありがとうございます

 

 

※関連記事:お薦めの本『愛するということ』

 

 

ルーム・ソルのカウンセリングについてはこちらをご覧ください。

●心について学べます。
NPO法人日本心理カウンセラー協会

 

 

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。