心身の痛み苦しみがあっても

 

それを治したい、楽になりたい

そう願う精神は健全です。

 

 

きっと、我慢しなくちゃいけない、

耐えなくてはいけない、

周囲を気にして、誰かに合わせて過ごさなくてはいけない、

 

そんな環境がずっとあったのでしょう。

 

 

戦場に居るかのような緊張感が、知らず知らずずっと心身の奥にあった。

 

ずっと自分を緊張させて生きて来た。そうしないといられなかった。

だけど、その環境は今はもうない。

 

そうやって頑張って生きて来た自分が今いる。

 

 

心身は安全な環境の中で安心を感じたときに、力が抜け癒されていく。

その時に身体や心に溜まっていたものの排出によって痛み苦しみを感じる。

 

 

痛み苦しみは、だから過去のもの。

心と体に残った残像。

 

 

 

今、あのときよりも安全な環境があるはず。

それはあなたが無我夢中で創ってきた。

今、目の前にあるものが現実。

そこにいるときに感じる気持ちが真実。

 

今にある安全の中にいる気持ち。安心。

その安心の中で心身の痛みを出し切って治しきろうとする。

 

 

もう戦場はない。あとは自分の中の戦いを終わりにするだけ。

 

 

痛み苦しみを感じ、治したいと思っている健全な精神が心と体の為に本当にしなくてはいけないことをして差し上げることが出来ます。

 

治癒力が十分に発揮できるように、身体がリラックスすること、ホッとする気持ちになること、そんな時間を少しづつ増やしていく。

 

治ろうとする身体と心を健全な精神で応援し励まし支えていく。

 

辛かったね。

寂しかったね。

大丈夫だよ。もうあれは過去のこと。

よく耐えた。よく頑張ってきた。

ありがとう。

 

傷んだ心と体を、健全さへ導き広げていく。

 

 

今まで充分に戦ってきた。

これからは、自分自身の心と体を癒すことを、自分自身を大切にすることを、自分を愛することを、もうしてもいいのです。

 

 

いつも読んでくださってありがとうございます。

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。