喜怒哀楽

 

産まれた喜び

生きる中であった怒りと悲しみ

最後はそんなことも思い出として楽しむ

 

目の前に、誰か、何かがあるのはそれだけで有難い。

幸せも困難も、生きているからこそ。有難い。

 

 

良いことも悪いことも

喜びも哀しみも

 

 

生きているからこそ。

 

 

生きている、ただそれだけでいい。

 

 

そこから今日を始める。

 

 

 

いつも読んでくださってありがとうございます。

 

 

 

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。