私たちは過去を振り返り、未来を考え不安になる。

 

家が貧しかったから、、、

親が不仲だったから、、、

長く患ったから、、、

今までがそうだったから、これからもきっとそうなるんじゃないか

 

 

そこには「今」がない。

 

 

自分を過去と未来に繋げているのは気持ち、感情。

感情も、過去も、未来も、それらは今の現実ではない。

自分がそう思いたかっただけの幻想だった。

 

 

不安だった、だから不安。

 

 

思い出して欲しい。

過去はもう通り過ぎたこと。

未来はまだ何も始まっていない。

 

 

過去を乗り越え未来に向かおうとしている「今」があるだけ。

 

 

「過去はもう乗り越えたこと」

「未来はまだ何も始まっていない」

 

そう過去と未来の感情的な繋がりを解除する。何回も何回も。諦めない。

 

残るのは今だけ。

 

そしてクリアな気持ちで、今の目の前のことに集中する。頭の中をそれで一杯にする。

いつしか、それが段々し易くなる。

 

それが何より自分を安心させ、治癒力が高まる。

 

 

叶えたいことがあるなら、頭の中を叶った状態で一杯にして、目の前の「今」に集中する。

 

その時間を増やしていく。

 

 

それが様々な生き辛さを解決する根本となり、希望を実現する根本的な方法でもある。

 

悩みを解決すること、希望を実現することは同じことなのです。

 

 

全ては表裏一体に、そして一瞬に在る。

 

 

いつも読んでくださってありがとうございます。

 

 

 

 

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。