通院、服薬。他に方法があるのではないか

心の問題の改善には投薬を含む長期の治療が必要だと思っていませんか。すでに長年、病院やクリニックなどに通いながら、このままでいいのだろうか、投薬を続けているがなかなか改善が見られない、他の方法があるのではないかなどの不安や疑問を抱えている方が増えてきています。

当方は従来の治療方法や投薬に関して否定する立場ではありません。医療機関や薬をきっかけに健康を取り戻す方もいらっしゃいます。しかし、本当の意味で健康を取り戻したのは、治療法や薬ではなく、それを手助けにし、ご自身を健康にしようとした自己愛であるのです。

当方の心理カウンセリングは医療機関とは目的が違います。症状を分類し病名を付けたり薬をだすことは出来ません。しかし、心の問題の根本原因を解決し、もう繰り返すことのない「心の治し方」をご提案しています。

ご自身を大切にすること、健康になることに、痛み苦しみはもう必要ありません。何回も通う時間と労力と費用を、これからの人生のために使っていただきたい。その為に、所要時間を設けずに一回のカウンセリングを実現しています。

長期通院された方、他所で心理カウンセリングや心理療法をお受けになられた方も、心の健康の回復、維持、促進を実現しています。

自分が自分の真の味方になった時、病院の治療も薬もあなたが選ぶ限り、正確にあなたの力になるでしょう。

手詰まりを感じたときこそ、心理カウンセリングがお役に立てます。