体に何かしらの症状がある。

心には不安が一杯。

 

治らない。絶望。

もう死にたい。

 

 

本当は、生きていたい。

でも、どうしたらいいのか分からない。

 

 

心の問題は体にも関係しています。

 

身体の病名、心の病名を持ってご相談される方はとても多いのです。

 

 

産まれたときに不安で一杯の赤ちゃんはいません。

先天性の疾患があったとしても、それがありながら健やかさを持って生まれてきます。

 

今は、今までの生き方の積み重ねです。

健康とは違うことをしてきたから、今、健康から遠ざかったしまった。

 

だから今までと同じことをしていたら、ますます健康からは遠ざかっていきます。

今ここで『今までと同じ方法』ではないことをしてみる価値はあるのではないでしょうか。

 

 

それとは、自分自身が今行っている日々の態度です。

 

例えば、体は食べ物で出来ています。

食べるとき、どんな気持ちで食べていたでしょうか。

 

 

例えば、心は安心を求めています。

~するべき、~であるべきと、自分を縛り付け不安にさせていませんでしたか。

 

 

身に付けてしまった余計な不健康な習慣に気付き、そして止めていくことで、

あのワンダーな赤ちゃんの心身の状態に、少なくとも近づける可能性はある。

 

 

生き方とは考え方です。

一つひとつの考え方に気付き、そして変えていく。治していく。

 

 

それが生き方を治していきます。

 

 

出来ることは沢山ある。

 

 

余計な考え方に気付き、やめていく。

一つ一つでいい。

 

 

それが全て心身の自信、本来の力となっていきます。

 

 

 

さらに可能性を精神性まで広げてみる。

 

困難さは、今までの自分の積み重ねでもあり、自分で選んだ人生の一部でもある。

 

それを持ち、乗り越えよう、乗り越えられなくてもそんな自分と生きていこうとしている。

 

その精神こそが自分自身。

 

自分は肉体でも感情でもない。

 

 

治りたい、もっと健康的に生きていきたい。

 

 

そう願う健全な精神が本来の自分自身だとすれば、その自分自身が心身の味方となって、自らの態度を治していく。

 

 

心身が崇高な精神に一致していく。

 

自分が本当の自分になっていく。

 

 

その過程にこそ、今までの過酷だった人生の価値があると、私は思うのです。

 

 

出来ること、可能性はまだまだある。そう信じています。

 

 

いつも読んでくださってありがとうございます。

 

 

 

ルーム・ソルのカウンセリングについてはこちらをご覧ください。

●心について学べます。
NPO法人日本心理カウンセラー協会

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。