何を否定した上で何かを肯定する

 

 

対比して考えるのはとても人間的。そこには不足が見えるから。

 

 

誰かより強く観られたい

 

良い人と思われたい

 

正しいことをしていると思われたい

 

 

満たされない欲求が文章や言葉に現れる。

 

欲求は感情を生み、感情はエネルギーとなり身体を支配する。

 

周囲が受け取るのは滲み出た本質だ。

 

 

自分を誇示したいんだな

 

自分をもっと見て欲しいんだな

 

自分をもっと正しく評価してほしいんだな

 

 

人は良いも悪いも期待に応えようとして反応する。

 

 

誰かを何かを否定したくなるとき、内にあるのは満たされない欲求。

 

 

そして肯定したいことは素直に伝わらず、不満、戦いへとぶれていく。

 

 

何かを伝えたいとき、実現したいとき、ただずっと真っ直ぐに、それを最優先に観る。

 

 

どんなに好きか、どんなに大切か。

 

 

それがどんなに自分にとって力強く、優しく、正しいことなのか。

 

 

 

好きなもの大切なものは、順番ではなく絶対的なものなのです。

 

 

 

せめて自分を誰かと比較したり、戦わせたり、ジャッジしたりせずに、ただ純粋に自分の道を歩いていきたい。

 

 

せめて自分の発するものには戦いのないものにしていきたい。

 

 

 

 

学びの道は、人生の道はそれぞれ違うが、本質の目的はただ一つ。

 

 

早いも遅いも、遠いも近いも、強いも弱いも、関係ない。

 

 

気付きの瞬間は、それぞれ違えど、同じ周波数で場を共有する。

 

 

私はそんなことを考えながら今日も生きるのです。

 

 

とりとめのない記事ですね。

 

いつも読んでくださってありがとうございます。

 

 

愛と感謝を込めて

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。