去年今年 貫く棒の如きもの

 

毎年この時期に思い出される高浜虚子の一句。

 

 

年末も正月も、ただ連なる日々の連続だ、という季節の変わり目を丸抱えにし平たんにしてしまう大胆なこの歌を私はとても好きです。

 

 

 

連続する毎日という時間をただ示したその奥には、毎日を新しい気持ちで新鮮さと共に過ごす在り方や、読み手の死生観まで含まれている気がしてくる。

 

 

 

シンプルさは深淵です。

 

 

 

そうは言っても、元日は新鮮な空気を感じます。

 

 

この気に乗るつもりで、新しい朝の空気を吸い、前を向き、いつものことを新しい気持ちで一日を過ごしていきましょう。

 

 

より良い一日をお過ごしください。

愛と感謝を込めて

 

 

 

 

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。