啐啄同時

 

禅の言葉です。

 

内側から雛が殻をつつき、外側から親鳥が殻をつつく。

 

双方が一致して雛が生まれる。

 

外からのつつきが早くても遅くてもいけない。

 

 

 

うつ、心の病、体の問題。。。

 

生き辛さとは、まるで孵化する直前の卵のよう。

 

 

今まで守ってきたものが、とても狭く窮屈になって、外に出たいけど、どうやってこれを割ったらいいのか分からない。

 

 

内側から叫ぶ。

 

助けがくる。

 

殻が割れる。

 

その殻は今まで自分を守ってきたが今はもう必要ないもの。

そして、まるで違う世界を生きる。

 

 

生き辛さの先は、生まれ変わりの人生。
私はそれを沢山みてきた。

 

 

 

あなたには意志がある。

 

 

 

治したい。

 

健康になりたい。

 

自分らしく生きていきたい。

 

 

 

それは心が重くても、体が重くても、それとは別にあるものだ。

 

だからここまで来た。

 

 

その意志があなたをここまで運んできた。

 

 

重いこころと体を引きずりながら歩んできた。

 

 

あなたにはその力がある。

 

 

 

今、外からの力があなたの助けになる。
だから、もう叫んでいい。

 

 

本当の気持ち、意志。
私たちは、それで生きていっていいのです。

 

 

 

生き辛さを感じているとき、あなたの人生はこれからです。

 

 

 

愛と感謝を込めて

 

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。