一人で下駄の鼻緒のすげ替えに挑戦しました。

 

職人さんにすげ替えて貰った古い鼻緒を丁寧に解きながら、縛り方を調べ、手元にある道具で賄いながら格闘すること90分。

 

出来ました!勿論、職人さんの仕上がりとは比べられませんが、日常履くには十分な出来です。

 

 

ここ一年ほど、やってみよう、と 出来ないかも、の小さな葛藤をほったらかしにしていたので何とも気持ちが良い。

 

出来なかったとしても死ぬわけでない、と思い立ったわけですが(笑)

 

やろうと思ったことをしてみる。結果はどうであれ、それが嬉しかった。

 

 

今や情報はあふれるほどにあり、どこかに行けば何でも買え、色んなサービスがあり、とても便利ですが、その分体験が少ない。

 

 

人任せばかりでは、気持ちの動きも少ないな、と思うのです。

 

 

何かに挑戦するとき、

 

できるかな、怖いな、大丈夫かな、

よしやってみよう

どうやればいいかな

こうやってみよう

こうしてみよう

よし、いいかんじ

出来た!

 

楽しい! 凄い! 達成感!

 

思考と身体の動きと共に、気持ちは活き活きと湧いてきます。

 

 

私たちは深く命に宿る魂として、それを求めている。

 

結果だけの毎日は気持ちが無視され、だからとても生き辛かった。

 

私たちは喜怒哀楽、内側の躍動そのものなのです。

 

 

世の中の情報の何が正解かは分からない。事実は隠され、誰かにとって都合のよい情報が流される。

 

その世界の中で唯一真実がある。

 

それは、自分自身がどう感じたか。

その感覚。その気持ち。

 

自分自身にとっての真実。

それが自分の世界を創造していきます。

 

 

結果だけを与え、求め、評価する。

そのようなロボットでは、私たちの求める成長と進化は果たせないのです。

 

 

時には新しい体験、挑戦をしてみる。

 

 

それも愛ですね。

 

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。