気持ちをわかって貰えると嬉しい。

 

分かって貰える

大切にされている

愛されている

生きて行っていいんだ

 

 

 

そして、愛で満たされた体験が少ないと不安が多くなる。

 

誰も私を解ってくれない

誰にも大切にされない

自分の思うように誰も愛してくれない

生きていく価値がない

 

 

人はそれぞれ自由です。

あなたがどう思うかも、相手がどのようにあなたを愛するかも自由。

 

あなたが愛されていないということではありません。

 

それぞれの愛されたい、愛したい欲求が違うのです。

 

 

今まで周囲の大人がしてくれたのは、あなたがして欲しかったことではなかったのかもしれません。

 

我慢して帰りを待つのは嫌だった

厳しくするより、抱きしめて欲しかった

ちゃんと話を聞いて欲しかった

もっと私を見て欲しかった

 

分かっている。自分の為にしてくれている。だから我儘をいってはいけないし、良い子でいないといけない。いうことを聞いていると皆が喜ぶ。

 

素直な気持ちを閉じ込めて、早々に大人の理屈を身に付けて、誰かの欲求にこたえて生きていこうとする。

 

そして自立し始めたとき、閉じ込めていた分かって欲しかった気持ちが湧いてくる。

 

 

もっと私を愛して。

 

そして、

 

でもどうせ愛されない。

 

とこじらせてしまう。

 

 

ただ、諦めないでほしい。これが終わりではない。

 

 

そこから本当の愛を知ることが出来るのです。

 

 

自分を不安なままにしてきてしまったのは、誰だったのだろう。

 

大切にしなくてはいけなかったのは、誰だったのだろう。

 

これから本当に自分を大切にしていけるのは誰だったのだろう。

 

 

誰に愛されるよりも、愛されることを待っているよりも、強くて優しくて正しい愛。

 

もう誰にせいにすることもなく、何かを求めることもなく、瞬時に満たされる。

 

 

自分が自分を愛するその絶対的な安心感は、そうじゃない体験があったからこそ得られる。

 

 

 

自分を愛する。その気持ちで人を愛する。そこにはあなたの愛に惹かれた愛が集まってくる。

 

その為の我慢と寂しさの体験だった。

 

今まで寂しく孤独に耐えてきたからこそ、それを実感して欲しい。

 

 

 

いつも読んでくださってありがとうございます。

 

ルーム・ソルのカウンセリングについてはこちらをご覧ください。

●心について学べます。
NPO法人日本心理カウンセラー協会

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。