鞄の中にはいつもポリ袋が入っています。いつでもゴミを拾えるように。

 

飼い犬との散歩の時にも、公園のゴミを拾っています。

 

楽しいのです。なんで楽しいのか、ふと思い出しました。

 

 

ゴミを拾う。そんなことを意識して始めたのはもう彼これ20年前になるでしょうか。

 

 

心が弱り、自信がなくなり、どうしたらいいのか分からなかった時、ふと、気になっていたことを思い出し、これが出来たらとても自分が誇らしくなるんじゃないか、と始めたのです。

 

 

朝、家を出る時間を早め、駅まで遠回りして道にあるゴミを拾い始めました。簡単なことだけど、とても勇気がいったのを覚えています。

 

 

誰かに見られたら、偽善者と思われるかな、きたいないって思われるかな

 

 

 

そんな気持ちと戦ったのは最初だけ。

 

 

拾うごとに喜びが湧いてきて、誇らしくなっていきました。

 

 

自分が存在していい喜び。

 

出来ることのある喜び。

 

 

ゴミがあるから拾える。ゴミを捨てる人にもゴミにも感謝が湧き、そのたびに自分の気持ちが楽になって綺麗になっていく。

 

 

じきに、自分の為にしていることが人の何か役に立つことになる、それがしたかったのだ気が付いていくのです。

 

 

 

拾い始めた当初は毎日毎日袋一杯のゴミだったのが、そのうちに少なくなり、街がきれいになっていきました。

 

 

今でもその街の道はとても綺麗です。

 

 

 

 

したいと思っていてなかなか出来ないでいること。

 

 

どんな小さなことでも、誰がなんと言おうと、それはあなたにとってはとても大切なこと。

 

 

自分自身の気持ちを最優先になさってください。

 

 

今は出来なくても、いつか出来るかもしれない、と期待に変えていって差し上げて下さい。

 

 

 

 

今、ゴミを拾うのは私にとって自然なこと。

 

そして、拾わない選択も持っています。

 

 

出来ないときはしない。

 

本当のゴミは、見て見ぬ振りや言い訳、自分の中にあるものだから。

 

 

意識し、そのときの状況で最善の選択をする。

 

 

それは、いついかなる時でも、どんな状況でも、最善の判断が瞬時に出来る為の練習。

 

 

私の中のヒーローを育てる訓練。

 

 

たかがゴミかもしれない。されど、私にとってゴミは先生。

 

 

どんなことでも自分の為になる。手段はなんでもいい。

 

体験から学び得たものを持って私たちは前に進みます。

 

同じ体験なら、自分が選んだこと、したかったこと、嬉しいこと、楽しいことの方がいいと思うのです。

 

 

大切なのは本質です。

 

 

いつも読んでくださってありがとうございます。

愛と感謝を込めて

 

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。