うつ、心身症、病、人間関係、様々な生き辛さ。

 

それらの原因は共通してたった一つ。

 

 

不安で一杯になってしまった心。

 

 

心は、魂の宿る命の口のようなもの。

 

 

私たちはずっと、命、魂、自分自身を不安にし続けて来てしまった。

 

 

寂しい、悲しい、悔しい。

 

それを放置すれば、怒りになり、自分を責めたり誰かにぶつけたくなる。

 

怒りも放置すれば、体に負担をかけ、人の気持ちにも無関心となっていく。

 

自分への無関心という暴力は誰かをも傷つける。

 

 

体、状況の問題は急に起こるのではなく、自分への無関心の態度が内から外へ、心から体へ環境へと、徐々に徐々に現実化していったものです。

 

 

原因は一つです。

 

 

その原因に気付き改善すれば、後は治る道のりだけ。

 

 

自分の気持ちだけのうちに、大切なことに気がついていくことが出来たら、治癒は速やか。

 

 

体や状況の問題は、時間や空間があり、誰かの気持ちも絡んでいる。

 

その分、時間がかかるかもしれないけど、変化していく。

 

今はそう思えないかもしれないけれど、その為の選択肢は無限に出てくる。

 

 

原因が無くなれば、その状況はもう必要なくなるのです。

 

 

 

自分を愛する。大切にする。

 

それは人生の終わりまでにいつか気付くこと。

 

そこから、愛し愛され、健康的で、心豊かな人生が長くなります。

 

私たちは、愛することを思い出し、進化する旅をしているのかもしれません。

 

 

 

愛と感謝を込めて

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。