うつ、心身症、人間関係、病。様々な生き辛さ。

 

そのとき、心にあるのは不安。

 

不安は不足からやってくる。

 

今、何かとても、生きていく上で最も必要なものが、足りていない。

 

 

 

それは一体なんだろう。

 

 

一番欲しかったもの。

何をしても得られなかった。

だから、悲しくて、寂しくて、悔しくて、イライラしてきた。

 

 

不安だった。

そして自分を不安にさせていた理由。

それに気付いたその瞬間、不安は安心に変わっていきます。

 

 

不足から、満たされた安心感へ。

 

 

大切にしたかった。

 

愛されたかった。

 

自分を。

 

 

不安を取り除くのではありません。

 

自分自身を不安にさせていた自分自身の態度に気付いていく。

 

 

そして本当はどうしたかったのかを考え思い出す。

 

その自分に協力する。

 

 

好きなこと、嫌いなことを知り、

 

したいこと、したくなかったことを判ろうとする。

 

応援し、励まし、支え、癒し、今どんな自分であっても味方でいる。

 

 

私たちはいつでも自分自身を愛していた。

その自分になっていく。

 

 

愛し愛される安心感のなかで、さらに不安を手放すことが出来る。

 

 

「ありがとう、頑張ってきた私。もう大丈夫、さようなら」

 

 

今、自分の内面に目を向けた瞬間から、もう痛み苦しみは過去のもの。

 

 

あとはただひたすらに自分を愛していく。未来へと。

 

 

したかったことをしてみる

 

したいことをしてみる

 

前に進みながら、生き方を治しきる。

 

 

いつまでもどこまでも自分自身を大切に。

 

 

一人一人から、それが全体へ。

 

 

愛と感謝を込めて

 

この記事を書いた人

小坂田恵理
小坂田恵理
心の悩み・不安・痛みの開放と解決には心理カウンセリング。神奈川県藤沢市にて、心の健康を育てるカウンセリングを行っています。